ほんとうは難しかった潜水艦の運用

潜水艦は、洋上を航海する船にとって、恐ろしいものでした。
どこからともなく現れて突然魚雷を発射してきます。
いつ襲ってくるか分からないので 24 時間気の休まるヒマがありません。

しかし、潜水艦側の乗員の立場に立つと、その運用は大変に難しいものでした。
見つかるまでは最強、見つかると最弱という奇特な特性です。

いかにこっそり忍び、いかに先制攻撃して、いかに反撃を喰らう前に逃げ延びるか。
緊張の連続です。
対潜攻撃

続きを読む