説明! 艦戦で、艦爆を、艦攻しろ!


わかりにくい、艦戦・艦爆・艦攻の違い
何と “戦” うのか? 何を “攻” 撃するのか?
第二次世界大戦という一時代だけの特殊な区分けでした。

航空機による対艦攻撃 

空母に載せる飛行機という特殊性

だだっ広い大海原に浮かぶ小さな板。
常にグラグラ揺れるソコから飛び立って、遥か彼方の敵を見つけて攻撃し、燃料が残ってる内に帰り着く
そこには様々な「特別」が求められます。ゆえに、数々の「専用機」が作られました。

小さい空母に数多くの機体を詰め込まなくてはいけません。
長くて邪魔な羽は折りたためるようにしておきましょう。

大洋の向こうに居る敵のところまで長距離飛び続けないといけません。
燃料タンクには油がたっぷり積めるようにしておきましょう。

短い飛行甲板に無理やり着艦します。機体には凄い衝撃が掛かります。
足回りは頑丈に作っておきましょう。

帝国海軍が、帝国陸軍とは別に多種多様な「飛行機」を作ったのは、かような技術的必然性によります。
陸の飛行場で運用する飛行機には不要な空母運用限定で求められる特殊設計を、いろいろと盛り込まないといけなかったのです。
別に帝国海軍と帝国陸軍の仲が悪かったからじゃ無いのです。

なお、飛行場から離陸するタイプの「陸上攻撃機」も帝国海軍は独自に作ってますが。
主に帝国海軍と帝国陸軍の仲が悪かったからです。

帝国海軍と帝国陸軍の仲の悪さ、それによって失われたもの、その歴史的経緯などは別記事にて。概ね、笑えない笑い話のたぐいです。

 

空母艦載機の区分

ざっくり図解ご覧下さい。

日本海軍空母艦載機

空母艦載機ざっくり一覧

大きく分けると4種類です。

  •  【艦戦】 艦上戦闘機 : 敵飛行機を大型機関銃で攻撃。
  •  【艦爆】 艦上爆撃機 : 爆弾を腹に抱えて敵艦船の上空から急降下爆撃。
  •  【艦攻】 艦上攻撃機 : 魚雷を腹に抱えて敵艦船の真横から水平攻撃。
                    雷撃機とも呼ばれる。
  •  【艦偵】 艦上偵察機 : 広い大海原から敵艦隊を探したり。
                    戦況情報を司令部に報告したり。

艦偵で敵艦隊を探し当てましょう。(艦攻や艦爆がその役割を担うことも多かったようです)
艦爆艦攻を差し向けて攻撃させましょう。
艦戦はその護衛につけてあげて下さい。でないと、重たい荷物抱えて動きの遅い艦攻や艦爆は、敵艦戦に狩られます。

搭乗員数に違いがあるのにも注目して下さい。やらなきゃいけないことは多いです。
操縦桿握るだけでも、2本の手が必要です。
どう進んだのかちゃんと常時マッピングしておかないと、帰れません。目標物の無い大海原ですので。
味方艦隊との無線連絡は、モールス信号でトンツートンです。
いざ敵飛行機と空戦を行うときは、上下左右なるべく広い範囲を目視で監視して「上からくるぞ気をつけろ」をしたいですね。
・・・一人乗りの艦戦パイロットは休むヒマもなく忙しすぎて大変です。

 

艦上飛行機の区分ごとの攻撃方法

航空機による対艦攻撃

艦爆

急降下爆撃で、艦の上部構造に攻撃します。
250 kg と小さめの爆弾で、ターゲットが装甲ガチガチの戦艦だと、中々致命傷は与えられません。対空銃座を潰す程度の威力です。

ターゲットが空母なら飛行甲板に大穴開けて、搭載燃料や爆薬の誘爆で一発轟沈もありえます。

上空から急激に降下して爆弾を放り投げましょう。爆弾に運動エネルギーが加わるので威力が増します。
投げ終わったら急いで機体を引き起こして下さい。そのままだと落ちます。強い G が一気に掛かってウェってなるので、気合!入れて!行きましょう!
機体が空中分解しないのは、急降下爆撃用の頑丈な機体設計のたまものです。

なお、一旦急降下モードに入ったら途中でのコース変更は難しいです。
手慣れた軍艦艦長であれば艦爆が急降下したタイミングを狙って舵を切り、艦を急ターンさせてうまいこと爆撃を回避しちゃいます。

艦攻

水平雷撃で、艦の横っ腹に 800 kg のどでかい魚雷をぶち込みます。
大型戦艦や大型空母以外なら一撃で沈没させる大威力です。
沈没は免れても、水面下に空いた大穴からは大量の水が流れ込みますので、ダメージを受けた船は徐々に足が遅くなっていきます。速力を失った軍艦は、潜水艦のいい的でした。

目標艦に狙いをつけたら、水面スレスレに一直線で飛びましょう。
近づいたら静かに魚雷を水面に投下して下さい。
魚雷はデリケートなので高くから放り投げると誤作動を起こします。大変高価なモノなのでくれぐれも注意を!

水平雷撃写真

水面のほんとギリギリで雷撃を掛ける一式陸上攻撃機。
ちょっとの操縦ミスで海面激突するような神業で、対空砲火の下をかいくぐってるようです。

狙われた艦から見ると、横から一直線に向かって来ますので対空砲の狙いが大変付けやすいです。
かといって回避行動も取れません。弾が当たらないように祈るしかないです。
艦攻は損耗率の大変高い機種でした。
1機やられると長いことコスト掛けて教育して鍛えた貴重な搭乗員が3名も失われます。

 攻撃順序

攻撃の順番は、戦局によってバラバラです。
通常は、艦爆で敵艦の対空砲を潰してから、艦攻で沈めに掛かったりとか。
ただそれだと爆撃時の煙で目標艦が見えづらくなるので、奇襲の場合は艦攻が先とか。
とりあえず準備のできた飛行隊から都度都度で出して波状攻撃を掛けたりとか。

 

敵潜水艦への攻撃方法

こちらの記事を参照

 

第二次世界大戦後の変化

太平洋戦争も中盤以降になると、航空機製造の技術が上がって、水平雷撃も急降下爆撃もできる多用途な攻撃機が生まれました。
帝国海軍だと、「流星」ですね。ゲーム内ではあくまでも艦攻の役割だけのようですが。

その後、ミサイルが攻撃の主役になり、返り討ちの危険性が高い水平雷撃も急降下爆撃も、行われなくなりました。
マルチロール機と言って、対艦攻撃も対空戦闘も一機種でこなせる万能屋が現代の流行りです。

 

艦これゲーム内での扱い

空母に載せる艦載機はどういう配分にするか。いつも悩みどころだと思います。
どうすればよいでしょうか?
このゲーム、大体史実の設定を忠実になぞろうとしますので、そこからヒントを得ることができますね。

  • 艦戦が強いと制空権が得られる(航空優勢)。航空優勢下では、敵艦攻・艦爆味方艦戦が大幅に撃ち落とすので、味方艦隊への攻撃が和らぐ。
  • 逆に、敵艦戦が強くて制空権を失うと、敵艦隊へ攻撃に行った味方艦攻・艦爆が大幅に撃ち落とされて攻撃力が減少する。喪失した艦載機補充時のボーキサイト消費量が増えるのも痛い。お財布的に。
  • 艦攻は、1機あたりの攻撃力は強い。しかし、迎撃に弱いので、制空権が無いと攻撃力が落ちる。また、敵艦隊に対空火器が多いと損耗が激しい。
  • 艦爆は、艦攻より攻撃力は弱い。しかし、敵艦戦や対空砲火に撃ち落とされにくい。
  • 偵察機を積まなくても、艦攻艦戦を積んでおけば索敵してくれる。(しかし T 字不利回避の効果は彩雲のみに限られる

ということで、基本的には各種類の艦載機をバランス良く積むのが良いと思います。
その上で応用として。

  • 敵艦隊に強力な空母群の存在が想定される場合は艦戦を多めに搭載。
  • 味方の損害が多数出ることを覚悟の上で攻撃力を高めたい場合は艦攻を多めに搭載。
  • 攻防のバランスを取る場合は艦爆を多めに搭載。
  • 偵察機が大好きだったら全スロットに艦偵を搭載。

といった形などがあります。
まあ、色々試して見るのが楽しいのではないでしょうか?
結局、どういう構成が最適かはケース・バイ・ケースなのです。あらゆる局面に万能の構成はありません。ゲームでも、現実でも。

 

艦これ登場航空機一覧

軽空母/正規空母 に搭載できる艦載機

艦上戦闘機

  •  九六式艦戦
  •  零式艦戦21型
  •  零式艦戦52型
  •  烈風
  •  烈風改
  •  震電改
  •  紫電改ニ

艦上攻撃機

  •  九七式艦攻
  •  天山
  •  流星
  •  流星改

艦上爆撃機

  •  九九式艦爆
  •  彗星
  •  彗星十二甲型

艦上偵察機

  •  彩雲

軽巡洋艦/重巡洋艦/戦艦/軽空母/正規空母/水上機母艦/航空戦艦 に搭載できる艦載機

水上偵察機

  •  零式水上偵察機

水上機母艦/航空戦艦  に搭載できる艦載機

水上爆撃機

  •  瑞雲

 


艦これグッズ一覧

アニメグッズ一覧

艦これタイマー for Web

いない艦娘チェッカー

艦これグッズ一覧