陸軍さんは自家用車が欲しい(まるゆ・あきつ丸)


二次世界大戦当時。日本の陸軍さんと海軍さんは大変仲が悪く、うまく橋渡しできる人も居なかったのでした。
結果、陸軍が潜水艦を独自に開発して運用するという、珍妙なことが起こります。
起こりました。

 

 

 船頭多くして船山に登る

大日本帝国の軍隊組織図 なんでしょうねこのごちゃごちゃした図。細かい解説は別の機会に書きます。ポイントは以下のとおり。

  • 陸軍にも海軍にも、組織を一括して取り纏める最上位の役職は無かった。
  • 陸軍と海軍は、基本的に仲が悪かった。

国の運営において、全体を見下ろして大局から総合した決断が必要な時はあるでしょう。
でも、トップダウンでズバッと決定して各組織に指示を出せる人は、誰も居なかったのでした。
唯一、天皇一人が全ての組織の上位存在ですが、立憲君主制における象徴的な存在です。
下から上がってくる報告を受けてそのまま承認をするだけという決まりで、実際に昭和天皇は自らを律して頑なにそのように振る舞いました。

日本はフル島国ですから、どこへ行くにも海だらけ。
そんな国の陸軍さんが兵隊を輸送するには、お船が必要です。
お船と言ったらもちろん海軍さん。いっぱい持ってますので、頼むがよろしいでしょう。

しかし海軍さんは、どうしても自分ところ作戦が優先。
ちょうどいいタイミングで輸送任務をお願いできるとは限りません。
それに、危険性の高い場所に、捨て身で行ってきてとも言いにくい。他所様ですからね海軍さんは。

ならどうしよう?
そうだ、自前で持てばいいじゃない!(ピコーン!)
そんな発想です。

 

 

三式潜航輸送艇 まるゆ

作ったら、できた

輸送任務専用の潜水艦。
陸軍さんが独自に設計し開発し運用するという。世にも珍しい潜水艦です。
ゆ型」。”○” の中に “ゆ” で、「まるゆ」という呼称ですね。
まるゆ

元々の発想としては、ミッドウェー海戦で日本空母部隊が致命的な大敗北をし、ジリ貧方向に追い込まれつつあった 1942 年。
ガタルカナル島を巡る戦いにおいて、日本軍は制海権・制空権をアメリカに奪われてしまいました。
上陸していた陸軍部隊は孤立。安定した補給ができなくなり、ガタルカナル島は飢島と呼ばれるようになります。

海上輸送における主役は、大量に物資を運ぶことができる大型の輸送船です。
でも、鈍足で脆い輸送船は、潜水艦や爆撃機にすぐに見つかって攻撃され、目的地まで辿りつけなくなりました。
海軍は、高速駆逐艦での夜間輸送(ネズミ輸送)や、潜水艦での輸送(モグラ輸送)に割と命がけで尽くしましたが、厳しい状況は改善されません。

陸軍は、自由に運用できる、独自の輸送手段を求めました。
現地で弾も食料も無く窮乏の極みに置かれた自軍兵士のことを考えると、割と自然な発想なのかもしれません。
海軍さんとの調整会議に延々と時間を費やすのにも、限度があるのです。

製造は基本的に陸軍独自に、一から設計開発が行われました
こっそりいきましょう、こっそり。
だって海軍さんに知られたら、「何やってんの君ら…」って冷めた目で見られるのは確実ですからね。
まあ、結局技術的に詰まって、後でこっそり相談は仰ぎましたが。

関係者一同の尽力もあり、ノウハウ 0 状態からたった二ヶ月の内に基本設計が完成しました。
なにそれすごい。
製造のほうも、当時の新鋭技術である電気溶接によるブロック工法の導入などにより、短期間でパカパカ作ることを実現できたようです。
戦時中に蓄えられたこのブロック工法のノウハウは、戦後の日本造船業の勃興を支えました。

訝しがられ、笑われながらも地味に活躍

稼働期間は、1944年~1945年。
400 隻以上の建造が計画され、38 隻が実際に完成
フィリピンや沖縄地域などへの輸送任務に従事しました。

積載量は、約 20~40 トン。あるいは兵員を 40名運ぶことができます。
小型の潜水艦ですので、輸送能力はごくわずかですね。 間宮さんだと数千トン。
輸送船がショベルカーだとしたら、その横でスコップ片手に頑張る感じ。
しかし、届け先の兵隊さん達にとっては、何よりも貴重なありがたい物資です。

まるゆ

まるゆ。ちいさい。

海上をノロノロと、時速 15 km ほどで浮上航行して進みます
ほんとに輸送専門ですので、魚雷とか装備してません。
敵飛行機!? 敵駆逐艦!? 危険を察知したら、その場で垂直に潜って隠れてやり過ごしましょう。
沈没してるんじゃありません、潜行してるんですのだ。
昼間も危ないから沈んで隠れます。危なくなくなったら、再び浮かび上がって進みましょうね。

開発経緯から、あんまり知名度が無い艦でして。
敵からはもちろん、味方からも認知されておらず、敵と勘違いされてよく攻撃を喰らったりしました。ひどい。
一方、危険海域で余りにも堂々と浮上航行するので、米潜水艦が思考をフリーズさせて見逃したことも。常識に囚われない柔軟な思考! 斜め上ってやつです。
様々な不幸と幸運の結果、かなり危険な任務に従事したにも関わらず、終戦時には 35 隻も無事でした。

 

 

 揚陸艦(上陸用舟艇母船) あきつ丸

兵隊を陸に上げる

たくさんの兵隊を、ちゃんとした港の無い島に送り込むにはどうすればよいか
沖合に停めた人員輸送船に、小型のボートを横付けさせて、縄ばしごで乗り移らせてから移動すればいいんです。
でも、浜辺でモタモタしてる間に、攻撃を受けちゃいますね。
それなら、予め兵員が乗り込んだ小型ボートを、輸送船内から直接発進させるのはどうでしょう?

日本陸軍 舟艇母船 『神州丸』

日本陸軍 舟艇母船 「神州丸」

できました。
艦のお尻の部分がパカーンと開いて、今週のビックリドッキリメカがワラワラと。
これで素早い上陸展開が実現できます。

この種の揚陸艦、陸軍さんとしてはノドから手が出るほど欲しいものです。
けど、海軍さんは消極的。
だって、ガチンコ艦隊決戦に参加できる船を1隻でも多く増やしたいですのだ。まあ分からなくもありません。
なので、陸軍で作ることにしました。

陸軍が揚陸艦を持つことは、そんなにおかしなことではありません。アメリカ様もやっておられます。
帝国陸軍も研究自体は、かなり昔の 1920 年台からやっていました。
その一つの完成形が「あきつ丸」です。

日本陸軍 丙型特殊船『あきつ丸』

日本陸軍 丙型特殊船「あきつ丸」

小型ボート「大発動艇(大発)」を 27 隻も搭載。
約 1000 名以上の兵士を一気に揚陸させることが可能です。

大発

大発。これで浜辺に乗り上げて上陸します。

空も飛べるはずさ

特徴的なのは、飛行甲板を持ってることでして。
上陸作戦の際に、飛行機を飛ばして航空支援を行わせる計画でした。スタイリッシュですね。
なお、飛行甲板が小さすぎて着艦は困難なので、一旦飛ばしたあとは、地上部隊に物凄い勢いで敵飛行場を占拠させて燃料が尽きる前にソコに着陸するか、あるいは、機体を乗り捨ててパイロットだけパラシュートで逃げる計画でした。スタイリッシュですね。

幸いにも、航空機の実運用はありませんでした。
「いや無茶でしょソレ」と、実戦前に気がついたのです。賢明な陸軍さんは。

飛行機付きの「強襲揚陸艦」という艦種は、垂直離着陸ができる戦闘機が開発された現代においては実現されてます。

アメリカ海兵隊。ワスプ級強襲揚陸艦。空母? いいえ、揚陸艦です!

アメリカ海兵隊。 ワスプ級強襲揚陸艦。 空母? いいえ、揚陸艦です!

 

ヘリ空母にしようと目論んだけど結局輸送艦

あきつ丸。主任務である島への上陸作戦において、得られた活躍の場は一度こっきりでした。
南方各地での輸送任務が主になっていきます。

戦争後半、敵潜水艦から味方輸送船を守るための護衛空母として活用する検討がなされました。
しかし搭載する飛行機の運用テストがうまくいかず、運用を断念。
結局あきつ丸自身も輸送艦として利用され、敵潜水艦の攻撃を喰らい沈没してしまいます。
1944 年 11 月のことでした。

 

 

 

現代の輸送船

現代の輸送船は、空母型のものが多いです。

おおすみ型輸送艦

海上自衛隊。おおすみ型輸送艦。 (海上自衛隊 HP http://www.mod.go.jp/msdf/formal/gallery/ships/lst/osumi/4003.html より)

海上自衛隊。おおすみ型輸送艦。
(海上自衛隊 Web サイト
http://www.mod.go.jp/msdf/formal/gallery/ships/lst/osumi/4003.html より)

平らな全通甲板は、必ずしも飛行機を飛ばすためのものじゃありません。
単純に真っ平で広いスペースは、汎用性が高くて超便利なのです。
コンテナを積んでもいいし、ヘリの着陸場にしてもいいし、背の高い重機を乗せてもいいのです。

艦内格納庫には、輸送用ホバークラフトを 2 隻搭載
ホバークラフトってのは、飛行機のことです。上陸用ボートよりも更に便利に、浜辺の先まで大量の荷物を迅速に陸揚げ可能。
ファンタスティックですね。

おおすみ型によるホバークラフトの貴重な産卵シーン。

カメラが捉えたおおすみ型輸送艦の貴重な産卵シーン。
(海上自衛隊 Webサイト : 同上 より)

 

病院並みの医療設備も備えており、災害時に大変便利なので、世界各国への様々な災害派遣でひっきりなしに活動してるようです。
おおすみ型は3艦しか無く、忙しすぎて大変そうですね・・・。頭が下がります。

フィリピン国際緊急援助の実績 (http://www.mod.go.jp/js/Press/press2013/press_pdf/p20131225_01.pdf)

フィリピン国際緊急援助の実績
http://www.mod.go.jp/js/Press/press2013/press_pdf/p20131225_01.pdf

 

フィリピン台風募金

フィリピン台風募金。送ると Yahoo が同額足して2倍。
http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630008/

 


艦これグッズ一覧

アニメグッズ一覧

艦これタイマー for Web

いない艦娘チェッカー

艦これグッズ一覧